「年金+工賃3万円」で
自立した暮らしを。

工賃=支援力。やりがいと収入のどちらも満たす、工賃3万円以上の働く場を私たちは”いい働く場”と呼びます。いい働く場は必ず実現できます。「できるか、できないか」ではなく、「やるか、やらないか」です。

目指さない理由が、ありますか?

願いを目標に変えることで、「工賃3万円」は必ず実現できる!

「やりがいと収入」どちらも満たす”いい働く場”を作る。私たちが目指しているのは、利用者の「地域でのあたりまえの暮らし」。
目指さない理由は見つかりませんね。
であれば、難しいと思う前に、やってみませんか?
思いに賛同いただける方と、ともに学び、ともに考え、成果を導くプロジェクトです。
成果を上げている事業所に学び、自分たちの強みを抽出し、どうすればできるかを徹底的に考えて、事業所を変えていきましょう。

現場の葛藤を知っているからこそ、3万円という数字にこだわりたい。

「利用者の工賃を少しでも上げたい。けれど、その前に片付けなければならない問題が山ほどあって、注力できない。」よく聞く話です。
福祉事業を取り巻く環境はめまぐるしく変わり、厳しい話題ばかりですが、考えてもどうにもならないことを悩んでいるより、自分たちの力で変えられること、改善できることに取り組むほうが建設的だと思いませんか?利用者の工賃3万円は、必ず実現できます。そのプロセスはチームを強くします。
利用者も職員も元気にします。
現場の葛藤を見ているからこそ、いい働く場づくりに参画いただきたい!さあ一緒に始めましょう。

【プロフィール】株式会社FVP 取締役 中小企業診断士
稲山 由美子(いなやま ゆみこ)

マーケティングリサーチ会社勤務後、中小企業診断士として独立。フリーで活動中に、代表大塚と出会い、創業メンバーに加わる。福祉事業所の工賃向上に向けた研修、コンサルティングを担当。豊富な経験と情報量に基づくコンサルティングは、施設長や職員から厚い信頼を得ている。

工賃3万円達成事業所、続々誕生!次はあなたの事業所です!!

工賃3万円
達成事例
1
社会福祉法人花工房福祉会 わくワーク(長野県)
「いい働く場つくり隊 勉強会1期生」から3万円達成事業所誕生!
~どうすれば、効率よく稼げるかを常に考えています~工賃3万円達成のポイント
  • 平成29年度平均工賃30,200円(利用者15名)
  • 1時間あたり、1人あたりの生産性向上にこだわって、数字を管理した。
  • 効率の悪い内職はやめて、施設外就労に移行した。地域産業を中心に人手不足感が高まっている。
  • 利用者のモチベーションアップを工夫した。
  • 法人全体の工賃アップ会議で現状を報告し、他施設、他部門から意見をもらって参考にした。

工賃3万円の事業所と工賃1.5万円の事業所の違い

方針がない
「事業所の目指す支援は何か」「目標工賃はいくらなのか」「利用者に何を約束するのか」・・・方針が不明で、なんとなく3万円と言っているだけ
知識がない
情報収集や学習が不足している上に、危機感も薄い。ただ力任せに頑張るだけになってしまう
コミュニケーションがない
工賃アップは組織的な取組みであるのに、職員同士で課題について話し合っていない。施設長や一部の職員だけが必死にやっているだけ

いい働く場つくり隊の取り組み

いい働く場つくり隊では、工賃3万円を達成するために、以下のプロジェクトを実施しています。

最新の記事情報が取得できます
facebook
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できるようになります。
Copyright 2018 いい働く場つくり隊