「楽しく働き、楽しく暮らす」。理念に共感して入職した。 けれど、目標にはほど遠い現実。主任として今、私は・・。

【第2期】第2回 あおぞらソラシード(新潟県)

全国各地の事業所から、「工賃3万円にしたい!」という
若手職員11名が集まった、いい働く場つくり隊第2期。

第2回目の勉強会は、
NPO法人あおぞら あおぞらソラシード(新潟県阿賀野市)で開催しました。
第2回は、つくり隊隊員の事業所から見学先を決めました。
アテンド役は、第2期の隊長・あおぞらソラシード主任の木津さんです。

■JR新潟駅からバスに乗り込み、あおぞらソラシードへ

「楽しく働き、楽しく暮らそう」。あおぞらが掲げる理念です。
“楽しく”とは、今日、事業所にきて、
仕事の役割があって、また明日も仕事があること。
仕事で必要とされること。

この理念のもと、あおぞらは、工賃5万円を目標とし、
様々な生産活動を展開しています。

あおぞらソラシードで行っているのは、化粧品の製造、農園作業、
請負作業、温泉施設の運営の4種です。

木津さんは、今年からあおぞらソラシードの主任となりました。
施設長は本多佳美さんは、他の施設長も兼任しているため、
現場は木津さんに任されています。

■本多施設長を交えて、勉強会に突入

見学を終え、改めて本多さんと木津さんからお話しいただきました。
本多さんからは、あおぞらの現状や、工賃5万円を目指すきっかけ
となった利用者の家族のエピソードなど、
木津さんからは。あおぞらソラシードの部門ごとの課題について
情報提供がありました。

木津さんは、勉強会の準備をすすめるうちに、
これまで数字に全く向き合えていなかったことに
気付いたと言います。

「いくら工賃5万円の思いがあっても、
何をやっていく必要があるのかが見えていないと、
掛け声だけで終わってしまうんだな・・・」

木津さんの課題感を共有した上で、
隊員同士、木津さんの立場になりきり、
平均工賃5万円にするために、何をすればいいのか、
ディスカッションをしていきます。

ディスカッション後の隊員の皆さんの意見をじっと聞き、
「次のあおぞらソラシード会議が勝負、頑張る」と宣言した
木津さん。何をすればいいかが見えたようです。

「『やっぱり』という口癖はやめたほうがいいよ。否定的に
なるから。」とアドバイスした隊員もいます。
本気・本音の意見です。

■そのとき、隊員は何を想ったか

今回の勉強会を終えて、隊員の皆さんからも
率直な声が挙がりました。

「自分の施設も、数字を直視していないことに気付いた。」
「工賃は上がる、ではなく、上げるものだと思った。」
「工賃アップについて考えているだけで満足していた。
考えて、行動に移さないとダメだ。」

いい働く場つくり隊は、自ら学び、行動する場。
3万円の事業所にするために、何をするか・・
自分で課題を見つけ、事業所をガツガツ変えていく
気概にあふれた場です。

隊員の皆さんが、あおぞらで吸収したことを生かして、
次回までにどんなことをやってくるか、報告が楽しみです。
隊員の皆さん、頑張ってください!!

(お世話係 田澤)


▲あおぞらソラシードに向かうバスの中で復習

▲あおぞらソラシード到着

▲あおぞらの石井さん

▲自主製品のリネンウォーター

▲化粧品製造室の見学

▲がんばった自分へのご褒美

▲利用者と一緒に決めた事業所の目指すこと

▲本多施設長

▲本多施設長から、あおぞらについて

▲木津さんから、課題を共有

▲真剣な隊員のみなさん

▲どんどん質問がでてきます

▲木津さんの立場になって考えます

▲グループごとに出た意見を発表

▲懇親会でも本多施設長への質問がつづきます

▲いったんお開きに。次回もがんばるぞ!

お問い合わせ・お申し込みはこちら

お問い合わせ 参加お申し込み
Copyright 2017 いい働く場つくり隊