「25か所の施設外就労。18人の一般就労。利用者40人でそんなことって?!」

いい働く場つくり隊第1期の茨城県の法人の理事長から
「近況報告」とお電話をいただきました。

一所懸命、営業しましたよ~
実習って言ってるんですけどね、施設外就労先(施設外支援も
あるのかなと思いますが)は25か所。
利用者40人中32人は外に仕事に出るんです。
就労移行とB型含めて、一般就労した利用者は18人。
農業もやっているんですけどね、ネギは一箱1000円で
ラーメン屋に営業しまくってます。
たまたまね、売却に困っている物件があって、グループホームも
もう1棟増やします。まあこれが、かなりお買い得でね・・

豊富な人脈をお持ちの、バイタリティあふれる理事長さんでは
ありますが、それにしてもこの勢いはいったい何?!
受話器から理事長が飛び出してきそうな元気なご報告でした(笑)。
ブルドーザーで山を開墾しているみたい!!

もちろん、理事長一人でできることではありませんので、
現場の職員さんも相当ガンガン動いて、利用者の皆さんもてんてこ舞いの
忙しさで、こんな成果を生み出しているのだと思います。

正直いうと、この地域、数年前にうかがった時に、イマドキ、
こんなに保守的な福祉で大丈夫なのか?と思ったエリアでは
ありました。職員を先生と呼ぶような雰囲気がまだ残っていました。

利用者や家族のニーズもあったのでしょう。
「思いっきり働きたい。やりがいのある仕事で高い工賃がほしい。」
その声に応え、成果を出す事業所が現れたら、“お客様”はそちらを
選んだ、ということかと思います。
18人一般就労しても、来春には新卒の方がたくさん入ってこられる
のだそうです。
去年の平均工賃は23,000円。今年度の工賃は3万円達成見込みとのこと。
わかりやすいです。

そんな勢いでやったら、組織運営や支援が追い付かず、
きっと問題が起きるだろう・・
そう推察されるプロの皆様も多いと思います。
実際、そうかもしれません。
でも、でもです。
やることやって、先にジャンプして、そこから
振り返って問題解決したっていいじゃないですか。
比べたら、そのほうが早く多く、いろんなものが
手に入ると思います。

よくよく慎重に、いろいろと考えると工賃は上がらない。
冷静な分析家のリーダーの方がいらっしゃる組織は工賃が
上がりにくいなという実感があります。

縮こまらずにやってみたい。
ビビりな私も、こんな理事長の話を聞くと、そう思います。

いい働く場4期、募集中です。

いい働く場つくり隊勉強会 第4期

最新の記事情報が取得できます
facebook
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できるようになります。
Copyright 2019 いい働く場つくり隊