付き合いの長い企業からもらっている仕事は断りにくいが、どのようにしたらよいでしょうか?

付き合いの長い企業からもらっている仕事は断りにくいが、どのようにしたらよいでしょうか?(本当は単価が安いのでやめたい)。
自分自身の中に事業所が低く見られているという感覚があるからだろうか…?(企業からお叱りを受けたくない)

いわゆる、下請け作業のお客様(=企業)
との関係性についてのご質問ですね。

お客様の依頼に応え、サービスを提供するからお金をいただける、
ということからすると、お客様には失礼のないよう、
ご満足いただけるように仕事をすることは基本です。

下請け作業はサービス業ですから、作業の精度とともに、
取引のプロセスにおけるお客様とのコミュニケーションを含めて、
すべてが商品になると思います。

しかしながら、必要以上に謙遜し、恐縮する必要はありません。

その企業をサポートすることで、
企業のお役に立てているわけですから、
ビジネス上は台頭な関係です。

低く見られる感覚をあえて持つ必要はありません。

「納期を守らない」とか、
「検品せずに納品して不良品だらけだった」
などということでは、企業の信頼を得られませんが、
きちんと納品できていて、そろそろ交渉のしどころだと思うのであれば、
思い切って話してみてはいかがでしょうか。

ただし、紋切り型に断るということではなく、
「単価が安すぎるので、今後も継続的に受注するのは難しいのですが・・」
と担当者に「相談」を持ちかけるようにすれば、
こちらの意図も理解してもらえるのではないかと思います。

最新の記事情報が取得できます
facebook
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できるようになります。
Copyright 2019 いい働く場つくり隊