自分の事業所の強みを探したいです。職員全員で意見を出し合うのが良いでしょうか?職員だけだと見えない部分があるので、 他の人をお願いするのがいいでしょうか?

自分の事業所の強みを探したいです。
職員全員で意見を出し合うのが良いでしょうか?
職員だけだと見えない部分があるので、他の人をお願いするのがいいでしょうか?

工賃を上げるために何か新しい事業を始めなければという時に、
「強みを活かそう」という話をよく聞きますね。
では、どうやってその「強み」を探せばいいのでしょうか。

①まず、自分で書き出してみること
②職員に聞いてみること

が具体的な方法です。
ご質問にあるように、外部から評価してもらうという方法もありますが、
よく知らない人が「これは強みだ」といっても、
トンチンカンなこともあろうかと思います。

まずは、自分たちで、自分の事業所を客観的に見てみることです。

大事なのは、強みを探す視点。
生産活動をどう展開するか、ということですから、
その視点に立って、「役に立つ資源」を洗い出さなければ、
次のアイデアにつなげにくくなってしまいます。

具体的には、
・人(利用者、職員、家族、関係者、応援してくれる人・・)
・モノ(すでにある商品、設備や道具、建物、車・・)
・カネ(資金、資金を集める方法・・)
・情報(地域のネットワークの中で持っている情報、法人内で持っている情報、
取引先が持っている情報、研修等で得られる情報)

などで整理してみると良いと思います。
もうちょっと広げると、地域の特性や地域の強みも、
自分たちが使える「強み」になる可能性がありますね。

もう一つ、強みの洗い出しをする上で大事なことは、
「他の事業所を知る」ことです。

地域の別の事業所と比べると、優劣の問題でなく、
「違い」が見えると思います。
法人内にいくつもの事業所を持っている事業所であれば、
そことの「違い」を分析しても、自分たちの強みが浮き彫りになります。

職員会議の一部の時間を使って、やってみてはいかがでしょうか。
話しているうちに、活気が出てくると思いますよ。

最新の記事情報が取得できます
facebook
「いいね!」ボタンを押すと、最新情報をすぐに確認できるようになります。
Copyright 2018 いい働く場つくり隊